ゴルフ上達のコツ

iPagerank

ゴルフは紳士のスポーツと呼ばれていますが、実際にやってみると分かります。

数人一組でコースを周り、自己申告制で自分のスコアを付けていきます。

コースに出ると壮大な緑に包まれ、自然を感じる事ができます。

同じスポーツでも野球やサッカーと違い、のんびり行える所がゴルフの一つの魅力だと言えます。

しかしゴルフは上達するのにとても、時間を要します。

かなり奥の深いスポーツで、真っ直ぐ飛ばす事はおろか、ゴルフボールにも当たりません。

何事も練習は必要ですが、ゴルフの場合まずは、素振りが効果的です。

自分のフォームによって球の方向も変化しますので、動画で自分のフォームを確認して見直す事が大事です。

素振りである程度距離感やフォームをモノにできたら、カラーボールを使っての練習が良いと思います。

プラスチックの穴の空いたボールで通常のゴルフボールと大きさは同じなので、穴が空いてるおかげで思いっきり振っても距離が出ません。

安心して練習する事ができます。

初めて行ったゴルフコースがショートコースだったという方も多いでしょう。

ショートコースでは、ドライバーを打てるようなロングホールはないかもしれません。

コースによってはショートアイアンのみで回れてしまうような短いコースもあります。

ゴルフコースに出るようになると、ショートコースは物足りなく感じるものです。

しかし、ショートコースはスコアを上げるために欠かせない要素が詰まっています。

各ホールの距離が短い分、ハーフショットを多用します。

ハーフショットで距離を打ち分けるにはかなり練習が必要です。

またシャンクも出やすいので、正しいスイングをマスターしなければなりません。

いくらドライバーショットでどれほど飛距離が出せても、ハーフショットでのアプローチができなければ、スコアはまとまらないでしょう。

練習場でのアプローチ練習も大切ですが、実際の芝を使って練習できるショートコースは、上達の秘訣だと言えるでしょう。

Googleアフィリエイト相互リンクJALカード家計見直しクラブGetMoneyページランク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です