ゴルフクラブ14本の制限について

ゴルフで1ラウンドでの最大クラブ所持本数が14本に決まった理由ですが、そもそも1ラウンドで使えるクラブの数の上限は14本と決められています。

たとえ使用しなくてもバッグに15本以上のクラブが入っていればルール違反となります。クラブの本数に制限のなかった頃、何十本ものクラブでラウンドする者やなかにはリヤカーに収め切れないほどの数のクラブを詰め込んだ樽を乗せてそれをキャディーに引かせてラウンドするプレーヤーまでいたそうです。そのためスコットランドのキャディーで組織された労働組合が全英ゴルフ協会・通称R&Aに改善を求めてクレームを申し出た事から、ルールで正式にクラブ本数の上限が設けられることとなりました。

クレームを受けたR&Aではクラブ本数の上限をそれでははたして何本とすれば妥当なのか、リーサーチと協議を重ねた結果、13本がよいのではないかというひとつの答えをだしました。しかし13という数字はご存知のように西洋では忌み嫌われる数字なので、1本増やして14本にしてはどうかという趣旨の発言をし、全員がこれに賛成したそうです。

クラブ本数の上限は14本と決められました。