ゴルフの練習場とコースの違い

練習場ではプロ並みって周りの人から誉められるくらい上手に打てるのですが、コースではなぜかビギナーゴルファーから抜けだせないって時期があります。

大きく違いが出るのは、打つ時の心構えです。練習場では何度も続けて打てるので、緊張感が少なく、気楽な気持ちで打っています。それに対して、コースでは一打一打で緊張感をもって打ちます。練習場の仕組みも理解した方がいいかもしれません。練習場で打ち続け芝で打つ機会がないと、ゴム床の打席に慣れしまい芝面の感覚が鈍ってしまうことがあります。

芝面では自分の体重によって足裏が沈むため、練習場に比べて若干低い位置になっています。ショットで考えると芝面ではボールが数ミリ浮いた状態になっているわけです。この感覚のずれは微妙ですが意外に影響が出るもので、春先のシーズン初めなどではスタートホールでよく見かけるミスショットの原因となっています。

練習場の打席では、ゴルフシューズをやめて靴底の薄い一般的なシューズを履いてみる工夫も必要です。