ゴルフコースに出る際はごみ袋を持っていく

ごみ袋などを自分で持っていく事を忘れないようにしましょう。

コースを回った事がある方は分かる部分ですが、次のホールに移動をした際に1打目を打つ場所にごみが落ちている事もあります。これでは集中をして1打目を打つ事ができませんし、なにより拾ってから打たなくてはならないので非常に気分が悪いです。基本的にはコース内での飲食などは禁止されていますが、喉が乾いた際に飲み物を飲んでしまう部分は仕方がありません。

特に夏などの暑い時期の場合は飲み物を我慢してしまう事によって熱中症になってしまう可能性も出てきてしまいます。最低限飲み物を飲む場合のマナーだけは覚えておくようにしましょう。小学生でも守る事ができる部分ではないかと考えてしまう方も多いですが、実際に守る事ができていない方は非常に多いです。

まずは自分がしっかりと守る事を考えるようにしましょう。ごみ袋を所有していると自分のごみだけではなく、一緒に回っている人のごみも回収できるので、ゴルフコースを汚してしまう事はありません。