冬のゴルフのアプローチに一工夫

真冬だろうがどんなに寒かろうがゴルフが出来れば幸せというゴルファーは多いことでしょう。

しかし、冬場のゴルフは寒くてうまく体が回らないとか飛距離が出なくなって苦戦したり色々と大変です。

その中でもとりわけ難しくなるのがグリーン周りからのアプローチショットでしょう。

暖かい時期と比べると芝が極端に薄くなって、寒さのためカチカチのベアグラウンドという状態も珍しくありません。

短いからと言っていつもと同じようにサンドウェッジを使ったらバンスが跳ねてトップしたり、それを意識しすぎてダフったりした経験がある人は多いでしょう。

そんなときはロフトの大きいクラブを使うよりも、8番アイアンなどショートアイアンを使ってみたらいかがでしょう。

打ち方は特に工夫は要らず、パターのように最初から転がすストロークで大丈夫です。

距離感が最初のうちは掴みにくいかもしれませんが、精神的にも楽ですし勿論夏場でも使える方法なので、スコアアップ間違いなしでしょう。