ゴルフの飛距離を伸ばす効果的な方法

ゴルフは年齢関係なく楽しむ事が出来るスポーツですが、50歳以上になってくると体のいろいろな部分で老化が進行してくるので飛距離が伸びなくて悩んでいる人も少なくありません。

原因は老化によるものが多いですが、しっかりトレーニングしていけば飛距離を伸ばす事も可能です。

そこでゴルフの飛距離を伸ばすのに効果的な方法をいくつか挙げていく事にしましょう。

・体幹を鍛える

ゴルフのスイングは体全体の筋肉を使うので軸となる体幹を鍛えておく事が大切になってきます。

体幹を鍛えておくとスイングする時に体がブレないので力強くゴルフボールをスイングする事が出来ます。

飛距離を伸ばすには体幹を鍛えておく事が大切になってきます。

・体の柔軟性を高める

年齢を重ねると筋力の低下だけではなく体の柔軟性も失われてきてしまいます。

体の柔軟性が失われてくるとスイングした時に腰のひねりが鈍くなってしまうので飛距離が伸びません。

体の柔軟性を高めておく事で腰のひねりもスムーズになるので飛距離を伸ばす事が出来ます。