ゴルフをする際は自分のショットに言い訳をしない

一緒にゴルフをしていてつまらない人だと思われないような行動をとるようにしましょう。

どんな行動を取らなくてはならないのかと言いますと、自分のショットが終わった後に1回1回言い訳をしないと言う部分になります。自分はゴルフが上手いと考えている人が、この言い訳をしてしまう場合が多いです。ショットを打つ度に普段ならもっと上手く打つ事ができたと言う言葉を出してしまうと、一緒にコースを回っていて楽しくないと判断されてしまう場合が多いです。最初は我慢をして付き合ってくれる方々が多いですが、徐々に誘われる回数も少なくなってしまう傾向があります。そのため自分のショットには言い訳をしないようにしましょう。また人のショットにも文句や意見をなるべくしないようにしましょう。

アドバイスを求められた場合はなにか言っても問題ありませんが、なにも聞かれていないのにすぐにアドバイスをしてしまうようになると、つまらないですし面倒な人だと思われてしまいます。