上司とのゴルフデビュー

ゴルフは一時期よりもそうではなくなったものの、社会人が嗜むスポーツの代表格の位置を占めることは代わりありません。

それゆえ未経験であっても上司や先輩のサポートのもとにゴルフコースデビューを果たすというのはまだ珍しくないと思います。

しかし実際にコースデビューするにあたっては道具を揃えてその場に行けばいいというわけではなくて最低限この程度はできないとというラインが存在するのもまた事実です。

そのためには練習場通いが欠かせませんが、一人で行っていても正直センスの問題の部分もありますが、コースデビューに足るだけの上達を見せられる可能性は残念ながら高くありません。

最低限のラインとは即ちドライバーで前に飛ばせるだけの腕が必要というものです。

初めてドライバーを振ってみるとわかりますが、思いの外ボール自体にミートさせることは難しく、空振りもさることながら当たっても前に飛ばないなんてことは当たり前です。

練習場には一人で行くのではなくて、まずは教官をつける、気兼ねなくトレーニングに付き添ってくれる先輩とともに行くなどしてまず前に確実にボールが飛ぶスイングができるまでやっておきましょう。