ゴルフではフェアウエイバンカーが鬼門

フェアウエイバンカーからのショットは初心者やアベレージゴルファーのもっとも苦手とするところなのです。

足場がやわらかいうえにボールが砂の上に乗っているので、クラブヘッドをきれいにボールの下に入れにくいからです。フェアウエイにあるときは、多少はダフってもボールは飛んでくれるものですが、砂の上となると、ほんの少しでもダフってしまうとザックリと同じように、ほとんど飛ばないのです。

このようにフェアウエイバンカーからのショットでは、ボールをとらえるのが難しいのですが、フェアウエイウッド、それもわりとロフトの多いバッフィやクリークで打つと、比較的やさしく打てるのも事実なのです。なぜかというと、フェアウエイウッドのソールが広いためにクラブヘッドが砂の上をすべっていってくれるからなのです。

このために多少ダフってもアイアンのようにザックリにはならないで、ヘッドのスピードもそれほど落ちずにボールにヒットすることができるのです。