ゴルフのアドレスの錯覚について

ゴルフデビューに向けて、ゴルフ練習場でみっちりと練習を行ったとしても、いざ本番を迎えると、練習のようにはいかないのがゴルフです。

人の感覚は、とても精密なようでいて大きな間違いも起こす要素だったりします。ゴルフは、様々な錯覚に遭遇しやすい特殊性を持ったスポーツと言えます。錯覚による影響要素のひとつが、アドレス時の体の向きに現れるのです。ゴルフは遠くにあるものグリーンなどをターゲットとする競技です。

そんな遠方のターゲットに対して、打球方向を定めていくわけですが、ここで錯覚の影響を受けることとなります。この錯覚の影響もあって、予定しているターゲット方向に対して、アドレスが右を向いてしまう傾向があるのです。練習場と違って、芝の上に線も引いてないこともポイントになります。

ボールとその目印スポットを結ぶラインに対して平行となるように、胸や肩ラインを合わせるようにすることで、正しい方向に構えやすくなるのです。