ゴルフのコース戦略について

ゴルフのコース戦略を考える上で、当たり前の事ですが、近寄らなければ、危険に巻き込まれることも少ないという事です。

ゴルフについてもコースにはバンカー、池や林、小川などの障害物が上手に配置されています。 特に強気の攻めをしようとすると、こうしたハザードが効いてくるように作られています。2オンを狙いたいが、グリーン手前にバンカーがあるような場合に ナイスショットが出て2オンできれば、イーグルチャンスで、2パットでもバーディーが取れます。ただ、もし手前のバンカーに入れてしまったら、1打で出せても3オンになってしまいます。

アマチュアゴルファーの場合、よほど自信があるのでない限り、バンカーや池、ラフなどを避ける戦略で無理に2オンを狙わずに刻んで、3打でグリーンに乗せるようにします。これでも1パットならバーディーが取れます。フェアウェイ左に池があるなら、フェアウェイ右側に打っていきます。

フェアウェーが狭くてラフが深いなら、番手を下げてでもフェアウエーキープを優先します。コースに応じた戦略作りが必要です。